検索
  • 白銀幼稚園

薄い 花びら 舞っていた 2021年3月1日(火)



たんぽぽ組(年少)のお部屋には“ぷぅさん”という子熊が寝ています。

雪の洞窟の中で冬眠していたのですが、近頃は庭の雪も溶けるくらいに暖かくなってきました。

“花紙ちゃん”を暖かな“春風”に変身させて、ぷぅさんを起こす準備をしました。大きな紙に魔法のスプレーをかけて、その上に花紙ちゃんを降らせていきます。

「ぷぅさん起きろー!」

「もっと暖かくしちゃおうよ~」

たくさん降りかけました。

出来上がったのは“春の風”というよりは“春の嵐”と言った方がいいような豪快なものでした。これで“ぷぅさん”は起きるかな?楽しみですね。



今日から3月。

朝登園したばらぐみ(年中)子どもたちはシール帳のページが新しくなっていることに気づきました。新しいシールになり、ページが最後の一枚になっていることにも気づきました。

「次はゆりぐみってことだ!」「やったーー!」

と進級を楽しみにしている会話のやりとりも聞こえてきました。

今年度最後の一か月、どんな一か月になるのか楽しみです♪

外遊びの園庭ではたくさん積もっていた雪も無くなり、身体を動かせばなんだかコートもいらないくらいです。春がすぐそこまで来ていることを肌で感じているようです。

ばらぐみのチューリップの球根も、栽培中のもやしもグングン急成長中!

楽しみがいっぱいなようです♪



つぼみ組(満三歳)はホールの舞台で楽器演奏をしたり歌を歌ったりしました。

みんなクリスマス祝会の時に舞台で表現遊びをしたことを思い出し「クリスマスみたい!」と嬉しそうな様子でした。「今日から3月!もうすぐ暖かくなって春が来るよ!」と話しながら「はるですね はるですよ」の歌を歌いました♪



三月がスタートしました。ゆり組(年長)にとって最後の1か月です。

「卒業まであと18日」と、カウントダウンする紙を書いてきてくれた子もいて、一気に卒業モードに入ったゆり組。

子どもたちは三月のカレンダーを見ながら「幼稚園に来るのはあと15日だね」「あと15日しかないから、仲良く楽しく過ごしたい!」と話していました。

ラスト15日!子どもたちと共に、思いっきり楽しい時間を過ごしたいと思います!

閲覧数:70回0件のコメント